2012.05.09

システム中学国語 論理入門編 出口汪著 水王舎

システム中学国語 論理入門編システム中学国語 論理入門編
出口 汪

水王舎 2010-09-07
売り上げランキング : 11179

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現代文の解き方には二つの系統があります。

1)線引きや記号を書き込む「書き込み系統」
2)図式や板書を中心にして学習者に理解をさせる「非書き込み系統」

…もうちょっと良い呼び方がないものかとも思いますが。
1)と2)の混在型も存在します。

1)「書き込み系統」の代表といえば、「記号」を書き込む「ゴロゴ板野の現代文解法565パターン集」です。「線引き」でいえば、堀木博禮先生の「入門編 現代文のトレーニング」があります。同じ「線引き」の参考書で高校受験用なら、高校入試合格へのアプローチ現代文ですね。この系統の参考書はこのブログでもかなりの数を紹介しています。

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.04.08

高校入試合格へのベストアプローチ現代文―出るとこ攻略で本番に勝つ! 小鹿良太著

高校入試合格へのベストアプローチ現代文―出るとこ攻略で本番に勝つ! (シグマベスト)高校入試合格へのベストアプローチ現代文―出るとこ攻略で本番に勝つ! (シグマベスト)
小鹿 良太

文英堂 2006-09
売り上げランキング : 195302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前回、受験国語の読解テクニックについて、

文章の線の引き方

を解説している参考書として紹介しました。解説がかなり丁寧であるという長所があると同時に、演習問題が少ないという欠点もある参考書でした。その演習不足をカバーする参考書を紹介します。

著者は、このブログでも紹介した高校入試合格へのベストアプローチ国文法―出るとこ攻略で本番に勝つ!の著者、小鹿良太氏。「七つの公式」を駆使して文章を読解していく参考書です。構成は以下の通り。

第一章 七つの公式
 公式1)具体例はカットする
 公式2)事実描写はカットする
 公式3)「しかし」「だが」の前はカットし、後ろを押さえる
 公式4)否定・肯定表現は、否定部分をカットし、肯定部分を押さえる
 公式5)「つまり」の後ろを押さえる
 公式6)問い・答え型は「問い」と「答え」を押さえる
 公式7)「たしかに」に注意する
 七つの公式を駆使して読み解く総合問題
第二章 要約の仕方<七つの公式:応用編>
 基本例題ー文章のカン所を押さえよう
 練習問題ーいろいろな文章に挑戦してみよう
第三章 段落単位の読解法<七つの公式:実践編>
 公立高校入試問題ー七つの公式でラクラク突破
 中堅私立高校入試問題ーココでも通用する七つの公式
 難関高校入試問題ー七つの公式の真価がわかる!
 最難関高校入試問題ー”最難関”でもコワくない

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。