2012.05.27

大学入試現代文キーワード&ボキャブラリー320 長野研一著 文英堂

大学入試現代文キーワード&ボキャブラリー320 (シグマベスト)大学入試現代文キーワード&ボキャブラリー320 (シグマベスト)
長野 研一

文英堂 2008-08
売り上げランキング : 76319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出版社にはそれぞれ独自色というのがあります。

日栄社⇒質実剛健。薄くて安価な問題集を出版。
旺文社⇒大学受験ラジオ講座末期以降、迷走を続けるも「標準問題精講」シリーズに回帰。
語学春秋社⇒予備校講義の実況中継
学研⇒一部を除いて「なにか」が足りない

といったように。
今回紹介する文英堂という出版社にも独自色がありまして。

良い参考書を多く出版するものの、「地味」なせいでブレイクできない

という不遇な出版社です。文英堂のウェブサイトをみると、その「地味さ」がわかるでしょう。爆発的に売れたのは、代々木ゼミナール元講師の菅野祐孝先生による日本史史料問題集くらいでしょうか。本当に良い参考書が多いのですが。

著者は河合塾講師の長野研一先生。ご自身でブログもやっていらっしゃるようですが、最近は更新されていない模様です。

構成を詳しく書くと…

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.05.20

早わかり文学史 出口汪著 語学春秋社

早わかり文学史 (中継新書)早わかり文学史 (中継新書)
出口 汪

語学春秋社 1996-06
売り上げランキング : 17813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

みなさん、文学史の勉強はしていますか?

…え? してないの…。

それはたいへんだ!!

…なんてことはありません。
現代文で必要なのは、二つあると以前述べたことがあります。それは、

1)日本語の運用をメインとした読解の方法
2)漢字や評論用語、背景知識といった知識

です。文学史は2)の分野に含まれるのですが、最近は文学史が直接問われることは少なくなりました。まぁ、現代文できくくらいなら、日本史の問題としてきいた方が良いという考えなんでしょうか。

じゃあ、文学史は勉強しなくてもいいのかというと必ずしもそうではありません。
特に近代日本文学史を知っておくと、文化論や文明論を読む際に背景知識として手助けとなるからです。だからといって国語便覧を一から読むのは苦痛です。ああいうのはある程度知識が増えてくると「楽しくってしょうがない」のですが、初心者が手を出すべきではありません。

そこで登場するのが本書です。

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.05.18

早わかり入試頻出評論用語 出口汪/横山雅彦著 語学春秋社

早わかり入試頻出評論用語 (中継新書)早わかり入試頻出評論用語 (中継新書)
出口 汪 横山 雅彦

語学春秋社 1997-08
売り上げランキング : 157656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
現代文の実力を上げるには、大きく分けて二通りの方法があります。

1)読みかた、解きかたを解説した参考書で学習する
2)漢字や評論用語、背景知識を学習する

ということですね。
一般的な現代文の参考書は1)に属しています。ただし、そうした参考書は「読みかた」「解きかた」の基本を解説したものです。たとえば、それが日本語文法を駆使する方法であったり、線を引いたり、記号を書き込んだり。

でも、

そもそも、何を言っているのかわからない

という場合があります。それが2)に関するものですね。背景知識(「スキーマ」とも呼びます)がないと、何が何やらわからなくなることが多いです。たとえば…

■ 「ウィルコムプランW」について
(1) 概要
「ウィルコムプランW」は、3GモバイルWi-Fiルーター機能を搭載したPHS電話機向けの料金コースです。ウィルコムどうしの通話、Eメール、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」が定額でご利用いただけます。

※「ウィルコムプランW」は「もう1台無料キャンペーン」の主回線としてご契約いただけますが、副回線としてはご契約いただけません。

という文章があっても、「3G」「モバイルWi-Fiルーター」「PHS」「主回線」「副回線」ということばがわからなければ、なんのことやらわからないと思います。こうしたことばを知っているから、この文章が読めるというわけですね。

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.04.26

青木の現代文「単語の王様」 青木邦容著 代々木ライブラリー

青木の現代文「単語の王様」―代々木ゼミ方式青木の現代文「単語の王様」―代々木ゼミ方式
青木 邦容

代々木ライブラリー 2003-09
売り上げランキング : 21610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その昔、参考書には、大きくわけて二つの性格がありました。

1)単体でまさしく「参考」するもの
2)授業の予復習に利用するもの

1)の代表は、数学のチャート式でしょう。国語の場合は、土屋の古文公式222がその代表といえます。それ単体で学習したり、辞書のように利用したり…。

2)に関しては、ボクが受験生時代とそれ以前の駿台文庫がまさにそんな感じでした。駿台のテキストには、英語の伊藤和夫先生による「新・英文法頻出問題演習」の参照ページが書かれていました。予備校の授業だけでは演習量が少ないので、それを補うためのものでした。

もしくは、予備校でアカデミックな授業をうけても、その授業では消化しきれない場合があります。「理解」をより深めるために、授業を担当される先生の著書を参考にするということもありました。駿台の関谷浩先生の「古文解釈の方法」はその代表例でしょう(単体でも使用可能な参考書ではありますが)。

そこで、今回の参考書です。

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.03.24

ことばはちからダ!現代文キーワード 河合出版

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
前島 良雄 牧野 剛 三浦 武 吉田 秀紀 後藤 禎典

河合出版 2001-03
売り上げランキング : 3190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【 テキストについて 】

現代文を読む際の重要語を精選した用語集です。
 
たとえやイラストを多用することで、わかりやすく説明してくれます。かといって軟派なつくりではありません。実際の出題例や問題を配置することで入試レベルに引き上げられるようにしています。構成としては、
 
第一章 読解語(20語)ー基礎的な体力をつけるー
第二章 テーマ語(5テーマ)ー読めば栄養になるー
第三章 重要語1(32語)ーこのあたりが差をつけるー
第四章 重要語2(36語)ー余裕の読解へー
 
となっています。

第一章では身近な例を用いて読者を導き、解説、そして(必要があれば)イラストでまとめます。そして実際の入試問題での出題例とその解説をしています。最後に○×形式の問題を出すことで知識の定着が図れます。
 
第二章では、「近代」をめぐる五つのテーマを説明していきます。少々難解かも知れませんが、ページ下部に用語の説明や参照ページもあるので、頑張って読んで頂きたい所です。
  
第三章、第四章は、1ページ1語(と関連語)でテーマ別に解説しています。
 
現代文の評論で当たり前のように出てくる用語を詳細に解説した良書です。
 
↓↓↓続きと使用方法を読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村続きを読む
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。