2012.06.09

できる人の勉強法 安河内哲也著 中経出版

できる人の勉強法できる人の勉強法
安河内 哲也

中経出版 2006-12-19
売り上げランキング : 4109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

だれでも出来る魔法の解法!
世界一わかりやすい国語の解きかた!

…なんて言葉が受験業界ではおどっています。多少、宣伝文句として誇張しているかなという気はするものの、苦手な人にでも出来る方法であったり、わかりやすい解きかたであったりするのでしょう。

ただし、それはその場その場の「解きかた」であり、<戦術>レベルであるといえるでしょう。個々の問題についての解きかた(=戦術)が素晴らしいものであっても、しっかりと自分のものに出来ていなければ意味がありません。いかにして「解きかた」(=戦術)を身につけるかというのは<戦略>レベルの話です。

受験勉強での<戦略>というのは、

目標を定めて、
自分の実力や残り期間を確認し、
どのタイミングで、どうした知識を身につけるべきなのか

といったことの設定です。どんなに定評があり、すばらしい参考書であったとしても、こうした<戦略>を見誤って使うとむしろ害になる可能性があります。では、そうした戦略はどうやって立てればいいのでしょうか?

国語に関しては、このブログでも紹介していますが、

一般的な知識の身につけかた

については、この本がすぐれています。

著者は、東進ハイスクール講師の安河内哲也先生。ボクが大学生のころから、東進の若手トップとして活躍していらっしゃる先生です。ご自身の経験をもとにさまざまな勉強法を紹介していらっしゃいます。構成としては…

オーディオブックサイトの老舗FeBeで一部が視聴できます。
↓↓↓
できる人の勉強法

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

はじめに
プロローグ 「ふつうの頭」でも超効率的に勉強すれば道は開ける
第1章 「最初の一歩」をどうやって踏み出すか
第2章 短時間の勉強で実力UPする人が毎日考えていること、やっていること
第3章 覚えたことを忘れない! 超効率的な「暗記法」を教えます
第4章 時間がない毎日だから この「学習ツール&方法」で勉強する
第5章 勉強をはじめたもののうまくいかない…。それはココに原因があります!
第6章 どうしても「やる気」が起きないときの処方箋とは
第7章 私が勉強しつづけてわかったこと、「学んだことはいずれ『お金』に変わる」
おわりに

ご自身のさまざまな挫折経験を紹介し、そこからどうやって立ち直ったのか。その具体的な方法が書かれています。勉強法についてよくあるのが、

それは確かに理想だけれども、自分の体験じゃないでしょ。

って言うこと(当然、ボクもそうですが。あとになって振り返ってみて「これが理想」というのを提示することが多いです。もしくは、数々の生徒と接してきてわかったことであったり)。

この本は、徹頭徹尾、

自分はこうやって勉強をしてきた。
自分はこうやって資格をとった。
自分はこうやって知識をたくわえた。
自分はこうやってスランプから脱出した。
自分はこうやって…

ということで書かれています。その説得力たるや…そして、最後の第7章のタイトルにはなるほど、と思わされます。「『お金』に変わる」というフレーズも大切なのですが、「いずれ」というのがまた興味深いですよね。

2006年の出版なので、今となっては少々昔の書籍ではありますが、「勉強の本質」を語っているので、古くささは感じられません。ボクの場合は、長期的にやる気が起きなくなったとき(笑)にオーディオブックで聴くことが多いです。

音声版の視聴はこちら
↓↓↓
できる人の勉強法

楽天はこちら
↓↓↓
【送料無料】できる人の勉強法

Amazonはこちら
↓↓↓
できる人の勉強法

本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。