2012.04.29

で、結局電子辞書はどれがいいのよ?

みなさんは電子辞書をもっていらっしゃるでしょうか?
ボクが学生のころは、まだ出始めであまり使えたものではありませんでした。収録辞書の数が少ないのは当然のことながら、各社の「主力」の辞書が掲載されていませんでした。

また、「組み合わせ」にも問題がありました。英語辞書はリーダーズを使いたいのに、ジーニアスしかない…。新明解国語辞典を使いたいのに、広辞苑が入っている…なんてことはざら。

結局、使い慣れた辞書の方が良いということで、かばんに辞書を何冊も詰め込んで学校や予備校に通ったものでした。

それに対して、今は本当に使いやすい電子辞書が増えてきています。白黒だけではなくカラーのものもあり、例文も充実。音声や動画までも収録されているというすぐれもの。それが1〜2万円で購入できてしまうというお手軽さ。驚き以外のなにものでもありません。

で、ボクも使っていました。電子辞書。ボクが買ったのは、

SHARP 電子辞書 Brain (ブレーン) PW-G5000 ホワイト PW-G5000-W 高校生 130コンテンツ 160動画 カラ-液晶 Wタッチ画面 Power Body 5.6型タッチパネルSHARP 電子辞書 Brain (ブレーン) PW-G5000 ホワイト PW-G5000-W 高校生 130コンテンツ 160動画 カラ-液晶 Wタッチ画面 Power Body 5.6型タッチパネル

シャープ 2011-01-14
売り上げランキング : 520

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
塾で授業をしている時でした。

ほととぎすってどうやって鳴くの?

という生徒からの質問。今ならばスマートフォンでyoutubeで検索ってなことが出来たんでしょうが、当時はまだiphoneそのものが出ていなかった時代。「またこんどな」とその場は逃げて、翌日ヨドバシカメラへ直行。

広辞苑の電子データが入っていることを確認して、ホトトギスの鳴き声が出ることを確認して、即座に購入。次の授業で生徒に聞かせてやりました。

自慢したい

という気持ちの方が強かったのですが。
この電子辞書が優れている点は、

広辞苑だけではなく、新明解国語辞典が収録されている
カラー液晶を利用した、画像・映像コンテンツが豊富
複数の辞書をまたがって串刺し検索ができる
漢字の読み方がわからない場合、タッチペンで「だいたい」を書いて検索できる


などなどです。マーカーで重要箇所を塗ることが出来るなんていう機能もありますが、それはあまり大したことではありません。あとやっぱり、

キーボードがあるので、単語を入力するのが高速で出来る


というところでしょう。iphoneやandroidのアプリにも様々な辞書が出ていますが、この点だけはどうしても勝てない点です。

ただ、問題は…

紛失しやすい


という点。ボクの場合、肌身離さず持ち歩いて利用するということがなかったからです。結局、二度紛失しています。一度目は置き引きにあい、二度目は大学で紛失…。かなりの損害にあってしまい、それ以後電子辞書は購入していません。

今は肌身離さず持ち歩いているipod touchに辞書アプリを入れて使っています。ただ、やっぱり、

串刺し検索
キーボードによる高速入力

ができないのはかなりのストレスではあります。毎日のように辞書を引く学生であれば、電子辞書はかなり便利なツールでしょう。

楽天はこちら
↓↓↓
SHARP BRAIN PW-G5200

Amazonはこちら
↓↓↓
SHARP Brain カラー電子辞書 高校生向け ブラック色 PW-G5200-B


本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。