2012.04.10

古典文法10題ドリル 駿台文庫

古典文法10題ドリル (中高一貫学習シリーズ)古典文法10題ドリル (中高一貫学習シリーズ)
菅野 三恵

駿台文庫 2007-11
売り上げランキング : 164938

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スターウォーズという映画をご存知でしょうか。

…と聞くのも失礼なくらい有名な映画ですね。映画に詳しくない人でも、名前くらいは知っている作品の一つでしょう。その中で、主人公のルークが師匠のヨーダのもとで修業をするシーンがあります。

師匠の的確な指示と、もともとの潜在能力によってルークの実力はめきめきと上がっていきます。が、仲間の危機を感じて修業途中で旅立ってしまいます。結果、敵に破れ、仲間を助けることもできなくなってしまいます。実力不足を実感したルークは再度ヨーダの元で修業する…という話です。

古典文法の学習でも同じことが言えます。覚えること自体は英文法に比べると本当に少ないです。適切な参考書を適切な方法で学習すれば、基礎を知ることはできます。しかし、

それを自分のものにする
定着させる
きちんと運用して古文読解に活かす
入試問題を解く

という所になると、基礎問題の徹底的な演習が必要となります。修業途中で入試問題を解こうとすると、ルークのように返り討ちにあってしまいます。

1)基礎的な事項を覚える
2)基礎レベルの演習をして定着
3)入試問題に挑戦

という流れの中で、2)基礎レベルの演習として最適なのが本書です。構成としては、

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

1)文法項目の簡単な説明とまとめ(本当に簡素です)
2)活用表を埋める問題(あれば)、10題の基礎問題
3)ある程度進んだところで、教科書レベルの長文に挑戦(文法の基礎レベル問題あり)

となっています。
10題というと問題量としては少ないと思うかもしれません。ただし、文法項目がかなり細分化されているので、結果としてかなりの問題量をこなすことができます。

読解問題を除いて、なんと550問!
とはいえ、反射的に解かないといけないような基礎問題ばかりです。入試用の文法問題集をやる前にどれか一冊、きちんと「素振り」をしておきたいという一冊としてオススメです。


【 使 用 方 法 】

入試用という観点からいくと、これをメインとして使うのではなく、他の文法書を一冊仕上げてから使用した方が良いです。「できる」と自信がついてから。文法書と並行で使おうとするとその分量の多さに途中でイヤになると思います。本当に単調な、基礎的な問題ばかりが並んでいるので。

一回10分なり15分なり時間を区切って一気に解きましょう。それを一日一セットでもいいですが、なるべくなら何セットか時間をとってどんどんすすめていきましょう。

「できる」と自信がついた時にこそ、本書の単調な、基礎的な問題が楽しくなってきます。そして本書のような問題集が「意外とありそうで、ない」ことにも気づけるでしょう。

学校の復習用としてならメインで用いても良いと思います。学校で学習した分野を、本書で復習するという使い方なら良いでしょう。授業で学習してすぐなので、心理的な負担も少ないはずです。


楽天はこちら
↓↓↓
【送料無料】古典文法10題ドリル

Amazonはこちら
↓↓↓
古典文法10題ドリル (中高一貫学習シリーズ)


本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。