2012.03.25

くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編

くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編 改訂新版―学習指導要領対応くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編 改訂新版―学習指導要領対応

くもん出版 2012-02
売り上げランキング : 64967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

塾で教えていて、中学生が苦手意識を持ちやすい分野があります。

1)国語文法
2)古文

定期テストの場合は国語文法がダントツ一位で、受験の場合は古文がダントツ一位です。その配分にはカラクリがあります。

受験では、国語文法よりも古文が重要視される

ためです。受験の場合は、志望校や地域によっては全く文法が必要なくなることがあります(大阪府の場合は、一年に一問出るか出ないかという程度です)。しかし、公立高校入試で「内申点」というシステムが重要視される以上、定期テストで良い点を取る必要はあります。

大半の中学生が苦手意識を持っているということは、逆に言えば、「差をつけやすい」分野です。

学校の授業をしっかりと聞いていれば、
塾の授業をしっかりと聞いていれば

問題ないのですが、学校の授業も塾の授業も、文法にはそれほど時間をかけられないというのが実情です。結局…

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
テストに出るから、自分でしっかりと勉強しておくように。

ということでプリントを渡されて終わり…ということもしばしば。意欲を持ってそのプリントをやろうと思うものの、解説がないためによくわからず試験に突入…。

ボクが受け持っている生徒であれば、最低限必要なところを「ここだけ覚えておくように」と指示をしてはいます。そうでない場合は、どうすればいいのか。適切な問題集を使うしかないです。とはいえ、その適切な問題集が国文法については少ないです。

コンパクトを求めるあまり、解説も問題もあまりにも少ないもの
専門的でありすぎて、何をどのように勉強していいかわからないもの

もともと「売れる分野」ではないので、良質なものが出てきにくいという土壌があるのでしょう。そんな中でオススメの問題集がこの問題集です。

解説、問題数ともに適度です。
「確認」という簡単な解説があったのち、すぐに問題演習に入ることができます。
本書独自の考え方が解説されている場合は、その「考え方」の確認をする問題も用意されています(これが結構便利です。「れる」「られる」はどうやって使い分けるのか、など)。

ただし、当然のことながら「確認」をしっかりと読まないと問題は解けません。もしくは、問題を解く時に「確認」を参照しないと解けません。そこは注意してください。実際に、かつて家庭教師をした数人の生徒が、「確認」も読まずに問題を解こうとしました。そして案の定「わからん」…当たり前や!

定期試験に出題される分野をピックアップして2〜3回やることで、基礎はかためられるでしょう。書き込み式になっていますが、解答はノートに書いて何度もやるのが良いです。その後に、塾や学校のプリントをやってみると、かなりの効果が期待できるはずです。

楽天はこちら
↓↓↓
くもんの中学基礎がため100%中学国語(文法編)改訂新版

Amazonはこちら
↓↓↓
くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編 改訂新版―学習指導要領対応


本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。