2012.06.28

ドラゴン桜(11) 三田紀房 講談社

ドラゴン桜(11) (モーニングKC (1475))ドラゴン桜(11) (モーニングKC (1475))
三田 紀房

講談社 2005-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シリーズとして連載している、ドラゴン桜の紹介です。今回の巻の冒頭は、まず私立高校の合同入試説明会の模様が描かれています。

いつも通りに、言葉巧みに会場の雰囲気を操る桜木。

こういったところで読者の目先を散らしながら、本筋の物語はさらなる展開を見せます。

マインド中心となっていたドラゴン桜も、ある程度進むとまた各科目の記述が増えてきます。東大模擬試験の取り組みかたということで。この巻では、重度の中二病患者…芥山先生による「国語の模擬試験の受けかた」が講義されます。

ただ、中二病は服装程度におさまってきて、その意味ではおもしろみが薄れてきているのですがね。

ちょうど100回目にあたる回以降で、国語テクニックとして説明されています。当たり前といえば当たり前のことなんでしょうが。具体的には…

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.06.27

走れメロス 太宰治

ずいぶん久しぶりの更新です。ほぼ毎日更新していたのが、ほぼ二週間ぶりの更新…。ネタがつきたというわけではないのですが。他にも紹介したい参考書や問題集は数多くあります。

…で、更新をサボっていた間、何をしていたのかというと、もう一つのブログの精力的な更新です。そちらは高校受験専用の学習用サイトです。ただ、意識の高い小学生(=中学受験で文法が必要な人)、高校生や大学受験生の「学び直し」(特に古文)としても利用してもらえます。

現在、更新しているのが、中学国語の名作を読むー走れメロスーです。音読をしながら積極的に、常に疑問をもちながら読解していく形式です。問題を解くというわけではないのですが、中学校の教科書にのっている名作を<疑問をもちながら>読んでいくという手法は、かなり有効です。

記事の中で紹介している方法論はいろいろとありまして…

主語と述語を意識した読みかた(出口汪の新・日本語トレーニング
疑問を持ちながら読む方法(予測で読解に強くなる

など。かなり実践的に読解しているので、問題はありませんが、読解演習として利用してもらえるでしょう。

で、その記事でなんども書いているのは、

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.06.16

田村のセンター国語ポイント講義 田村秀行著 栄光

田村のセンター国語ポイント講義 (大学合格ドリームチーム選書)田村のセンター国語ポイント講義 (大学合格ドリームチーム選書)
田村 秀行

栄光 2002-06
売り上げランキング : 355344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

みなさん、センター試験の対策はしているでしょうか?
センター試験であれ、二次試験であれ、私立大学であれ、

基礎の土台の部分

は国語ではあまり変わりません。センター試験を意識するのは早くても夏ごろ、本格的には秋ごろから始めれば良いと思います。それまでは徹底的に基礎、基礎、基礎。はじめの一歩の鷹村のように、徹底的に基礎の反復練習をしていきましょう。

で、今回紹介するのは、そうした基礎の徹底反復を終えたあとに使用する参考書です。最近、1分間古典文法のような奇書を紹介することが増えてきましたが、こちらは奇書というよりは少々ユニークな参考書です。

解説が特異だとか、変わった問題構成だとかそういうことではありません。構成は極めてシンプル。2000年〜2002年のセンター試験本試験3年分の国語の問題を掲載。本冊が解答解説で、別冊が問題という今となってはおなじみの形式です。

では、どこがユニークなのか?

それは…

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.06.13

ドラゴン桜(7) 三田紀房 講談社

ドラゴン桜(7) (モーニングKC (1426))ドラゴン桜(7) (モーニングKC (1426))
三田 紀房

講談社 2005-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さてさて、シリーズでお伝えしている、ドラゴン桜。今回は第7巻です。前回もお伝えしたように、具体的な学習内容よりも、試験の受けかたであったり、スランプの脱出の仕方であったりがメインとなってきています。

さらに国語に関しては、11巻までほぼ語られません。…とはいえ、国語の担当教師、芥山先生はそれなりに出番があり、活躍もしているわけで。物語の構成上、理想を語る数学教師・高原と、主人公・桜木の教育に関する論争が軸のひとつです。二人だけの言い合いになるとつまらないので、第三者的立場から、芥山先生に意見を言わせるという形をとっています。役割分担としては、

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
続きを読む

2012.06.12

通信添削の使いかた その2


;

前回、Z会の通信添削に関して、かつての目的は
解説のくわしい難問集を手に入れる
という点にあったという話をしました。現在もその目的は、それほど薄れてはいないと思います。まぁ、「参考書」「問題集」という意味でいうと少々割高ではありますが。

ボクたちの時代もそうだったのですが、「解説の詳しい問題集を手に入れる」という目的は、ある事実を隠ぺいするために用いていたことばです。どうした事実なのかというと、

締め切りに間に合わず、問題をためこんでしまう

という事実です。まぁ、通信添削をやろうと意気込みながら挫折した人にとっては「あるあるネタ」でしょう(かくいうボクもそうです)。むしろ逆に考えましょう。通信添削の良さは、「締め切りがある」ことにこそあるのです。締め切りがあるからこそ、がんばれるのです。

…とはいえ、ボクも挫折した人間の一人です。続けるには「折れない心」を持つ必要があります。ですが、負担を軽減させることは可能です。具体的には…

↓↓↓続きを読む前に応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

続きを読む
本ブログの記事が役立った方はクリックして応援をお願いします! にほんブログ村 受験ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。